NaNaとマヤのワンダフルな日々

ロンゲのNaNaは13才、マヤは家族になって9年,チェリー2才の姫達です

NaNaとマヤのワクチンです。
今日は別なお医者さんです。
NaNaのワクチンはいつもお誕生の頃としているし、マヤは管理センターに保護されたのが今頃でその時ワクチン接種を受けていることなどからまとめて接種です。
お医者さんの話では、此の頃犬パルボウィルス感染症と犬ジステンバーでなくなる仔が出ているとのこと、オシッコとかで感染するのでワクチンは大切とくどく言われて来ました。
 リリーを連れて行かなかったからかも。リリーは瞼の抜糸の時してもらう予定です。
お医者さんが違うと正直に話せず、気を使いますね
リリーを朝1番に迎えに行きました。病院から出るなりチッコでした。
排泄は一切しなかったようです。
リリーはケージそのものが大嫌い、お泊りも大嫌い、ストレスのあまり食欲もゼロ。
そういう仔なので、出来る限り早く連れ帰りました。
帰ってからはぐっすり寝たりして、夕方にはすっかりいつものリリーに戻りました。
 傷は痛いだろうと、鎮痛剤、抗制物質、ステロイド剤とたくさん出されて来ました。
痛いのは可哀想なので、5日分も鎮痛剤を出してもらえて良かったです。
 
リリー今日の午後手術の為、午前中に入院です。
1泊はさけられないと言われ、明日迎えに行く事にして私たちは帰ってきました。
PM6時半、お医者さんから無事に終わったと連絡が入り一段落です。
NaNaの6才のお誕生日です。元気に迎えてくれて有難うね
nana007.jpg
NaNaが6才と思うよりも我が家に来て6年経つという思いが強いです。
リリーが6才に成ってNaNaを迎えたのはたまたまです。
DSC_6449.jpg
今回は時間もあったので手作りカステラにヨーグルトと大好きな苺を飾ってあげてお祝いをしました。
DSC_6451.jpg
お相伴のマヤがお口が小さいのにあっという間に食べてしまいました。リリーは苺が大きく逃げて食べにくかったのか時間がかかるも完食しました。



一応覗いて見るところが可愛い
DSC_6443.jpg
NaNaを連れて久しぶりに遊びに行きました。
チームの人達は競技会参加なので誰もいません。フィールドは午後には乾いて走れそうでしたが機具を出すのが面倒で練習はシーソーをチョッコとそれもNaNaが自主的に登り降りしただけで終わり。DSC_6444.jpg
友達が来るまでNaNaはラージ用のテーブルに乗り日向ぼっこ。
風が吹いてはいても暖かくいい日でした。
競技会参加のメンバーからは昨日の結果報告も受けおめでとう
リリー気持ちよさげに寝てます
CIMG0951.jpg
伸ばしに伸ばしてしたリリーの受診日。
選りによって今年初と思われるほどの積雪の日になってしまった。
こんな日は動物病院も混まないだろうとやまちゃんにも付き合ってもらって決行です。
確かにお客さんは少なかったけど途中いたるところで渋滞に合い、いつもなら30分のところ1時間半も掛かって到着。あげくに人が少ないからか院長先生も急ぐ気配がなく待たされる事1時間。待ちくだびれてしまった。
 結局、私の予想通りの眼の進行で治療方法はなし。
決断の時が来てしまったようです。リリーが痛いとか訴えてくれるならいいんだけどね。
ふれ合い活動に参加してます
CIMG1294.jpg
私のリハビリも兼ねてマヤと近くの小学校にふれ合いボランティアをしてきました。
この満面の笑み見てください。今回は2年生70人が対象です。一年生の時も経験しているので子供達の態度もヨカッタ。マヤはナデナデにはストレスにはならないのでボランティア活動が向いてるみたいで我が家に三頭目にしてやっとボラ犬誕生です。
マヤの自己紹介のとき、必ず動物管理センターからの譲渡犬であることを話します。
管理センターに送られた犬猫の命、マヤのように助けられる命はめったにないこと、簡単に命を買う事はしなようにと短い時間の中でも挿入しています。(後に管理センターの職員がいるけど)。マヤならではの活動と思ってます
CIMG1292.jpg

  Team FREE RIDEのオビ犬にも参加してもらいました。
授業開始前まで30分あったので活動前からおりこうさんぶりを披露。
保護者の方たちも多数見学していた中でのデモストレーション。他のボラティアさんたちからも誉められるほど立派にできました。見習いのマヤもナッツも頑張りました。

CIMG1302.jpg
子供達も最初は大きなゴールデンに少し引き気味でしたがやさしいひなちゃんビィビィちゃんに最後は慣れてこんなに触れ合う事が出来ました。
 時間も延長になってしまいワンちゃんたち、ハンドラーさんたちお疲れさまでした。
ソファーと背中に間に落ちてます。
CIMG1283.jpg
お腹に乗せてはダメということで,横向きになってらついにこんな姿勢で落ち着いてしまいました。
しばらく、安定した位置取りにわき腹にぶらすがったり、ゴリゴリと肋骨辺りを乗っかってみたりと悪戦苦闘していた。あきらめるだろうと思っていたら、背中の隙間に居場所を見つけたようです。

 体重測定の結果
リリー 11,2kg 抱っこが重いんでもう少し減らしたいけどリリーにとってはこれがベスト
NaNa  10,4kg これでヨシッ
マヤ   7,4kg センターに保護された当時と同じ。ベストなのかどうかワカラン
          毛の艶は悪くないのでこれで良いことにしょう。


こちらは当然NaNaです
CIMG1281.jpg
もう犬ぞり犬として働けそうなぐらい、ひっぱります。1回の散歩に3回はチョーカーをくぃっとされて怒られます。怯える仕草を見せるので叱られるのは本当にイヤなようです。それでいて少し歩くとマタマタリードがピーン。NaNaは小さいときから叱られ下手。極力叱らないようにして育てたつもり。あまり叱るような場面もなかったし躾教室に通った程度。やまちゃんは全然NaNaを叱った事がないほど。こんな散歩でもNaNaにあわせて歩くので此の頃私との散歩はしたくなさそうです
こちらはマヤ
CIMG1280.jpg
お部屋では活発すぎる嫌い動き回るのに外では行儀良く散歩出来ます。
NaNaの後をトコトコ歩くいい仔です。
NaNaも6才になろうとするのに、これだけは治らないのかなあー他は手のかからないお利考さんなのにね。
リリーの寝姿 前足可愛いので
CIMG1262.jpg
ソファーの上が一番のお気に入り、終日寝てます
こちらはNaNa。
CIMG1263.jpg
あえてオイデーと呼ばないといつも人から離れて不貞腐れて寝ております。
それではマヤは?
CIMG1277.jpg
私の腹の上で爆睡です。
すっかりベット化されてます。

マヤのトリミング前のおケツです。
CIMG1268.jpg
此の頃抜け毛が多くブラッシングをしていて気が付いた事が有ります。それはロンゲなのにWコートです。NaNaと比べると毛量が多いとは思ってたけど。そしてカットしてから2ケ月経ってのこの伸びかた、まばらです。それもお尻の部分だけ。こうなるとみっともなくてカットせずには居られない。CIMG1269.jpg

とても可愛いお尻の完成です。
ウィリーままさん、ありがとうさんでした。
NaNaとマヤとの散歩です。
CIMG1265.jpg
やや陽も登ったころ我が家の散歩コースです。この一帯だけ田園風景が残ってます。東西南北住宅が押し寄せてます。田圃に見えますが減反政策で今年は豆畑になってました。三年前頃ははと麦が植えてあったような。おおきなDIYホームの立地も地主の賛成が得られず看板も取り払われ、しばらくは散歩に最適です。ずーとこのままだといいなあーと思ってますが農家の人達も大変そうだし・・・
CIMG1267.jpg
マヤとのお散歩はとても楽。反面NaNaはひっぱるので疲れる。ひっぱる時は歩きを止めるのでウィリー状態。目を合わせて歩き始めるけどやっぱりひっぱる。まーだ速く歩けない事と引っ張られるとヤバイのよね。
マヤ、明日トリミングだね