NaNaとマヤのワンダフルな日々

ロンゲのNaNaは13才、マヤは家族になって9年,チェリー2才の姫達です

スッキリ
DSCN2463.jpg
ようやく、川向うの景色が見えるようになった。
のり面に刈り取り残しが有るが、あちゃらの所有なので実に微妙
実はこの辺一帯、被災した人たちが、復興支援金で除草作業している。
しかーーーし、居住していた人の所だけとか。
挙句、去年はちゃんとのり面まで刈ってたのに、今年は雑で刈らない。
見ると、おばちゃんたち、休憩ばかりしている。
役所に言ってやるー
涼しい日を狙って除草をしているが、この頃また真夏日が来たりしてる。
来週後半からは本格的な秋に入りそう。
それまでは、除草作業もお休みだ。
雑草を植栽して大切にしている過保護なフィールド
raki.jpg
走ることが出来るのは、ラッキーポンのような、軽量犬限定。
見ての通り、悲しい限り

一方放置状態だからの隣の駐車場

DSCN2460.jpg
なんということでしょう。これぞ雑草
背丈は二メートル近く伸びてました。
このまま枯れさせてなんて思っていたが、よくよく見るとなんと、あのひっつき草だ。
急遽、刈り取ることにして三日目。
後少しの所まで来たら、腕が痛くなり、力が入らなくなってギブアップ。
この後の仕上げは、MYさんのお兄ちゃんが上手に刈り取って終了
フィールドの周りはまだ残っているので、後一日かかりそう。
種がこぼれたら来年も又苦労するから、実をつける前に絶滅させるぞ
コンテナ内の乾燥、&器具の天日干し
DSCN2458.jpg
奥に見えるのは、隣町の被災跡地に盛り土をして、公園作り
一方、一歩も進まぬ当地。
県内で復興計画が頓挫しているのはここ1か所になったようだ。
市長は住民がまとまらないので、住民は市長の責任問題だと言い続けて3年たちそう。
これじゃー5年たっても仮説は出られないね。
コンテナ、器具も乾燥したが、せっかくだから後2日干そうと決めた直後、なんと豪雨注意報が出た。
DWはかろうじて運んだが、シーソーは無理。シートで包んで、退散
DSCN2455.jpg
市内に入って、市街地の方は晴れてます。
朝晩涼しくなって、散歩がしやすい。
エアコンも付けないし、気づけば雲、風、に秋の気配。
まだ8月なのに。

ひさーしぶりのラッキーのアジ
DSCN2443.jpg
ママが8月からお仕事を初めて、今月初で、最後の練習日
写真で見ると、わがフィールドも草原化して見える。
実際、チョボチョボなんですけどね。

昨日、白いコンテナが雨漏りしていて、カビが発生してると連絡有って
器具を外に出して日干しです。
主に、床にしいた、コンパネがひどい。
中もかび臭いので、しばらく開けておく。
緑のコンテナと同様、こちらもブルーシートをかけて雨もり予防。
白のコンテナは保冷庫なので、どんなに暑くなっても、中は涼しい
7月の競技会終わってから開けてなかったので、
湿度と、温度がカビ発生にもってこいだった模様。
フィールドに行ったら、器具を出さなくてもドアは開けましょう
NaNaはやまちゃんとの散歩は大好き
2121.jpg
なぜか?
決まってるでしょう!
自由にNaNa主導で歩けるから。
今日も、嫌々出かけたYUYUとの散歩後、マヤとの散歩に自らお付き合い
マヤは引っ張らないから、NaNaが先導してとっても楽しいそうに帰ってきた。
たまにこういうのもいいでしょう。
リーダーウォーク強化中で続けて、2か月、
この頃やっと、すれ違うワンコに吠え掛からなくなって来た。
NaNaは楽しくなさそうに歩いてますが。

暑い時の散歩はいつすればいいのかこの頃の悩み。
気温が下がるころはすっかり日も暮れてしまい、NaNaは暗いとビビって歩けない。
薄暮の頃行くのがベスト。微妙な時間。みなさんどうしてるのかな。
右目の下が腫れてたマヤ

DSCN2412.jpg
今日はラムちゃんの抜糸日で、とってもきれいなお腹を見せてもらった。
縫い目の後が40個ほど、ダックスちゃんってお腹長いのだと実感。
走ったり吠えたりして、元気をアピール。良かったネ、ラムちゃん
そんな、ラムちゃんと入れ替わりにマヤも受診です。
最初、目やにで毛が固まったしまった思い、洗ってやったり、
毛玉とも思っていたりしてうちに、腫れてるしこれは大変かも
悪性腫瘍だったら大変な場所なので、焦り気味
今日も、院長診希望でないので、すぐ呼ばれて即診断されて、あっという間に終わった。
ドクターが櫛で梳かしたら、瘡蓋と一緒に毛が抜けて傷が出て来た。
そうでした。YUYU、一週間前の事件すっかり忘れてました。
お友達のワンコとマヤがトラブって、目の下にちっこい傷が有ったのだ。
軟膏まで塗ってやったのにすっかり忘れていた。
早とちりでした。でも安心、安心
レントゲンはなしで、抗生物質と軟膏が出て、ついでにNaNaの目薬も処方してもらって、
今回も一葉さん一枚で終わった。
日頃気になっていたマヤの涙目を相談したら、目の脂の分泌が足りないので、
目を閉じたり開けたしてやり、改善がなければ眼科にどうぞだって。
目をパチパチさせて見ましょう。
我が家の庭に咲いたカサブランカ。

DSCN2432.jpg
花を早く取らないと、球根が細るので切り花にして、リリーの前に飾ってあげる。
もう、我が家ユリの花の香りが充満していて、鼻が痛いぐらい。
我が家は一足早い、お盆だね。
NaNaもエリカラ外したら胸が茶色になっていた。
汚れだけでなく、なんと、小皿ぐらいの毛玉になっていた。
梳くことなどとうてい無理。根元からこちらもざっぱり切ることにする。
マヤちゃんも何か切ろうかね?
シャンプーのとき、オチリとおひげ切りましたアー。
梅雨明け宣言が有ったので晴れて梅を干す

DSCN2433.jpg
友人から、今日から梅干すよーと連絡があり、すわっ! 家もと初めて干した。
なかなか、いい色合い。家で漬た分だけ。
夕方、頼んでいた梅漬けを引き取りに行く予定。
明日はこの2倍の梅を干すので簀の子が足りない。
急いで買いに行きましょう。
と、地震震度5強、津波来る
ウロウロしているNaNaを抱き玄関に走るYUYU
見るとソファーに座りぱなしのやまちゃん、恐怖で吠えるマヤ。
マヤ抱いて逃げてぇーと怒鳴ったよ。
こんな時に被る予定のヘルメットが 見当たらない。
2年も経つと、危機感が薄れてきてますね。やまちゃん探す気配さえ見えない。
幸い、津波の予報は出なかった。ヨカッタ
ほらね、スッキリでしょー

DSCN2429.jpg
夜、玄関の三和土に寝ているマヤ。
一緒に二階に上がるとき抱っこするとヒャッとしてるお腹。
冷え過ぎが心配なほど。
いつもお願いしているトリマーのピンプさん。
今保護犬のM.ダックスのこころちゃん(推定18才)の認知症と腫瘍のお手当介護中。
いわゆる老犬介護です。
昨日ラムちゃんの相談をしたら、早急に手術しないと腫瘍が破れ化膿して
悪臭と毎日の消毒、手当の戦いになり、高齢、肥満なんか言ってる場合じゃないと
もっともなお話でした。
帰るとすぐに、ラムちゃん家に行って、我が家の主治医に連れて行き、
何の問題もなく手術日が決まった。
ママは何とかしないとと焦っていたが、パパさんに運転頼みの人で困っていたらしい。
まあーその大きさと言ったら、握りこぶし大のが2個で、左側乳腺種にそって大小様々に出てた。
お医者さんもびっくりで、他の手術の終えるのを待って院長先生にわざわざ来てもらい一目見て
おっ、なんと大きく育てたねぇーのお言葉をいただきました。
あまりの大きさと、腫瘍の多さと、右側にも有るので手術を2回に分けてするそうです。
よそんちの犬だけど、手術ができる事になってラムママとほっとした。
ピンフさんのアドバイスがなかったら、ここまでおせっかいしなかっただろうね
でも、ラム家にはとても感謝されたので、ピンフさん、有難う。
ちなみに、手術は6日で、その時はパパさん運転で行くそうです。
なぜ行かなかったかというと、こんなになるまでほって置いてと怒られるからなそう。
オトコの人って、、ぇーとラムママとの後日談ありでした。
マヤはシャンプーですっきり、NaNaはエリカラ外れてすっきり

DSCN2417.jpg
ピンフさんに飛び入りでマヤとハリーちゃんをお願いした。
マヤは真夏仕様でお腹を剃って、ほんと涼しそう。
ハリーちゃんも手足のカユカユをきれいに消毒してしてもらってすっきり。

NaNaもカラーを取っ手みたら、うーん少し怪しいが、外して見た。
湿疹の後は未だ完治してないが舐めない様子。
NaNaはロンゲなので毛が伸びるのがすっごく速い。
おしり齧りも出来なかったので、それが幸いして以前からの禿げケッツから脱皮
ふっと気づいた事、マヤって脚を舐めたりかじったりしても湿疹できない。
ピンフさんの話だと、皮膚の色がグレーの仔は丈夫だとか。
そうなんだー
夜中に大雨だったもよう
DSCN2400.jpg
この頃の散歩にはエプロンが必需品。
朝晩す欠かさず散歩出来る事が不思議なぐらい、毎日雨ふり。
八月に入っても梅雨があけないなんて、番外編だ。

やま&マヤ組も少し遅れて散歩している。マヤは総距離200mぐらい。
それでも、装備だけはいっぱしです。
歩いてるよりも、身支度に時間がかかってるようだ。
歩けるだけ、うれしいね。