NaNaとマヤのワンダフルな日々

ロンゲのNaNaは13才、マヤは家族になって9年,チェリー2才の姫達です

NaNaの顎の下に出来物が2個
DSCN4745.jpg
暗くて良く分からないが、毛が抜けてコロッと結構大きい。
トリミングでピンフさんに見つけてもらった。
NaNaは触られてくれない子なのでスキンシップをしていない。
そんなの言い訳です。
この頃、やたらに前脚や、床の絨毯やら、
お布団のカバーをシャリシャリと舐めていた。
どうして舐めてるんだろうとは思っていたが、確認してなかった。
きっとムズムズして痒かったんだ
自分で舐められる場所でなかったので
代替え地をペロペロしていたようだ。
医者に予約を入れたら、5月4日になったので、通常診療に行って来た。
0.7cmと1.2cmの2個でお医者さんも良く分からんとのこと。
とりあえず1週間分の抗生物質を飲んで様子見です。
効かなかったら、組織検査をするそう。
どうか効くようなおデキで有りますように
この頃良いお天気が続かない。
DSCN4743.jpg
朝方降っていることが多く、割烹着スタイルの散歩です。
NaNaのトリミングにチッチの爪切りでたっぷり3時間。
その間、チェリタンケージの中で待機。
ウーともスーとも言わず大人しく待ってます。
NaNaのトリミングの様子が見える場所にピンフさん置いててくれたので
飽きずにいられたんだネ
チッチベーグルワン
DSCN4691.jpg
昨晩にチッチのお里の熊本で震度7の大きな地震が起て大変なことになってた。
幸い津波は起きない模様。
チッチのお里は熊本市南区、震源より少し離れている見たい。
ダメもとでバーミーさんのブログを見に行ったら、大した被害がなく無事が分かった。
チェリー良かったね。
益城町が酷くて、家屋三割の倒壊。
間もなく食料、ガソリン、水が不足するはず。
五年前の東日本大震災を思い出してしまった。
空からでもドンドン降ろしてほしいです。
必ず揺れは修まるので、踏ん張って下さい。ガンバ
三春滝桜、樹齢1000年ですってヨ
DSCN4725.jpg
一度行ってみたいと思っていた。
急に元同僚のお仲間と話がまとまり往復300kmのドライブでした。
最初ツアーに乗っかろうなんて言っていたが、たった4人でも日程がなかなか合わ無かった。
おそらく口をあんぐりしてみてるかもーと思える前3人がお友達の後ろ姿です。
雨模様覚悟で出かけたが、三春に到着したころにはも出て最高のお花見会
平日でも駐車場も一杯、休憩場も人で大賑わい、凄い観光地になってた。
一度は生で見る価値の有る桜でした。
付け加えると三春町は至る所に桜の木が植えて有って、花見町でした。
お友達と市内の公園でお花見
DSCN4722.jpg
土日には絶対に行きたくない場所。
駐車場にたどりつくのにも時間がかかり、
場所取りに命を懸けるぐらいの心づもりで出かけないと座る場所もないというぐらい人気スポット。
そんな場所でも、今日は花吹雪を堪能するぐらいに満開も過ぎ
平日、午前中だし、場所取りにも苦労する事なくゆっくりのんびり、だべって食べてきました。
二年前には、マヤとNaNaも連れて行って、ゆっくれ出来なかった事も有り
今回はYUYUだけで遊んで来ました。
やまちゃんにはアッシーしてもらってらくちんラクチン
別宅の帰りに、馬陵公園に寄ってお花見してきた。
DSCN4692.jpg
平日ということも有るのか出店もなく、人もちらほら、桜だけは満開に咲き誇っていた。
もっと昔は賑やかだったような気がする。

チェリタン初めてのお花見どうですか?
DSCN4713.jpg
間違いなく、我がふるさとも過疎化の一途をたどっているようだ。
なんといっても、津波の被害と、原発の影響がじんわーり感じて
久しぶりのお花見はほろ苦ーでした。
二匹でベーグルワン
DSCN4677.jpg

イボを取っ手もらって来ました。
背中というか脇腹に近いところで0.5mm程度のイボ出てたマヤ
シャンプーの時大きくなってきたと感じて思い切ってお医者に相談
若い先生、見るなりつまんでもぎ取れるけど、又伸びてくるけどネだって
全身麻酔で根っこを取る方法が有るとも言われたが、
高齢なので、つまみとってもらうことにした。
別部屋で処置してもらったが、泣く声も聞こえずあっという間に終わった模様。
マヤはケロリンタンでした。
よかったよかった
五割増しのマヤ

DSCN4686.jpg
やまちゃんの腰だいぶ良くなってソファーに腰かけられるようになった。
早速、しがみついてドヤ顔のマヤ
お尻もカットしてもらって、とっともスッキリ仔です。

見事に90度のチェチェ

DSCN4642.jpg
すっかり爆睡です。ケージでもこんな感じで寝ていることが多い。
チェリー的にはらくなのだろうが頸椎に問題有りの仔なので、
大丈夫なのかと気になってしまう。