NaNaとマヤのワンダフルな日々

ロンゲのNaNaは13才、マヤは家族になって9年,チェリー2才の姫達です

(記憶から)
午前中、確定申告に仙台市中心部まで、車、地下鉄で行った。
昨年までは区毎申請場所が有り、歩いても行けた所だったのによりに寄って
今年は一箇所にまとめられてとても不便。
繁華街の1番町にあるビルの中にぞろぞろと申請しに人が入って行く、
そして次々と申請を終えた人がゾロゾロ出てくる。
スタッフも大勢いて、以外に早く帰路につけた。
 スーパーの駐車場に無料で置く訳にもいかず、お店屋さんに寄ってお買い物()。

予定より時間を食い、今日のフィールド行きは止めた。
家に帰ってやまちゃんと車タッチ。
14:46分  震度6強の地震発生
パソコンいじっていて、とっさに後ろに有った暖房のスイッチを切った、
走り回るNaNaを抱き上げ物が落ちてこない玄関へ。
リードをつけようとしてる間にマヤがパニくって2階に駆け上がってしまった。
NaNaにぐらぐら揺れながらリードをかけ(布チョーカー)膝上に抱っこして揺れに任せるしかなかった。
外に出たいのだが、マヤを置いて出られず揺れが一瞬止みそうな感じがしたとき、マヤー!!ときつく呼んだら、トントントントン降りてきた。マヤにもこれまたユラユラしながらリードを掛け、納まるのを待ってやっと敷地の外に逃げた。この間3分だったらしいがものすごく長く感じた。膝はガクガク、腕も後少しでNaNaを落としていたかもしれないほどだるくなってた。リードもうまく握れない。地震に動じないYUYもこのときは腰が抜けそうになり、すごく恐かった。この揺れがずーと続くのではないかと思えるほど長かった。

何度も大きな揺れが来るので家に入れずウロウロしていたらやまちゃんが帰ってきた。
 ラジオで10メートルの津波が来るって言ってたぞ
 10メートル、すごいねぇ
家の中は、観音開きの食器棚からコップが飛び出て、10コぐらい割れたくらいで被害が少なかった。
ふくままさんから心配の電話が入り、呑気に家は全然大丈夫のお返事をしていた。
そして一時間後、津波がフィールドを呑み込んでいたなどと考えもしなかった。

 
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する